ファンド

よく聞くMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、国債など公社債や短期金融資産で運用し利益を得る投資信託というものです。注意:取得からまもなく(30日未満)に解約した場合、もったいないけれど手数料に罰金が課せられるというルール。
「投資」は、主に経済の言葉として、今後の資本(元手・生産能力)などを増強させる目的で、今の資本(金銭や株式など)を投入することを意味します。ただし、広義においては、自己研鑽や人間関係においても使われる言葉です。
麻生総理が誕生した2008年9月15日のことである。アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したというニュースに世界が驚いた。このことが歴史的金融危機の原因になったため「リーマン・ショック」と呼ばれることになったのです。
金利の動向に目ざとく反応する簡単な商品を挙げるとするならば、安全かつ確実に貯めることができる貯蓄型の定期預金とか積立定期であるような銀行預金あるいは個人向けの国債といった商品などが提案できる。
【ポイント】eワラント⇒満期の際の権利の対象になっている資産を有価証券として発行して販売する金融派生商品(例:くりっく365など)のひとつです。世界最大級の金融グループであるであるゴールドマン・サックス・インターナショナルの発行するオプション取引の一種であるカバード・ワラントのこと簡易な投資手段として期待できるカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のこと
このように「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」の3つの重要な機能の総称を銀行の3大機能と言うのである。この機能は銀行の本業である「預金」「融資」「為替」、最も重要な銀行自身が持つ信用によってはじめて実現されていることを知っておいていただきたい。
【常識】金利や株式、為替のそれぞれの市場に関連して値動きする金融商品にアセットアロケーションしておけば、株式で損失を被っても、金利、為替で得た利益で補うことができ、損が発生したとしても低く抑えることが可能なのである。
金融という考えの下では投資が意味するのは、所有する様々な金融資本を経済・経営活動、あるいは金融市場を通じて危うさも持ち合わせた投資対象に投じることなのであって、資本を投じる対象は多様な種類の金融商品・投資資産があるのです。
【金融商品】ストップロスが、できないとするなら、儲けることは不可能です。損をきちんと自分で認めるということが必須である。もし、ストップロスが無理だというのならば、投資はするな。
【用語】外貨MMFというのは国内において売買が許されている外貨建て商品のことである。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動によって発生した利益は非課税であるという魅力がある。すぐに証券会社で購入しよう。
【ポイント】REITについて⇒不動産投資信託(不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品で証券のものなど)という内容を表す金融用語のことだ。しかし、投資信託及び投資法人に関する法律に従った日本版REIT(つまりJ-REIT)のことを単にREITと指す場合がある。
よく聞くコトバ、ペイオフってどういうこと?唐突な金融機関の破産・倒産が起きた場合に、預金保険法の定めにより保護するべき個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。
【学習】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を出発点に展開された経済学)で、投資(investment)というのは追加投資で推測される利潤率(もうけ、資本の限界効率)が利子率(金利あるいは利息)に届くまで継続されるものとされているのだ。
【解説】金貨の情報⇒カンガルー金貨(純度99.99%以上)、メイプルリーフ金貨(現在は純度99.99%以上だが1979年から1981年発行のものは99.9%)、イーグル金貨(純度91.67%)、ヨーロッパならウィーン金貨(Wiener Philharmoniker)などによって資産を運用する金融商品です。
ですからチャート分析だけを見た“株式投機(投資ではない)”での取引は、結局は取引の瞬間が全てを握ることになるのですが、残念なことにこの勝負どころを上手く掴むというのはとても難易度の高いことです。